食事

廬山の飲食


廬山の飲食は長い歴史文化で百家の自慢する物を集め、もう自分の特色を持つようになっている。近年来、観光業の発展に従い、廬山のホテルやレストランも増えている。レストランからホテルまで、異なったレベルの設備がそろった飲食サービスシステムが完成したから、観光客にたいへん便利である。



廬山の雲霧茶


廬山の雲霧茶はわが国の十種類名茶の一つである。漢代から植えられ、もう千年以上の歴史を持ち、宋代に「貢茶」となった。


廬山の雲霧茶は「味が深い、色がきれい、香が豊か、 液が清い」で盛名をはせている。国内外でも人気がある。ゆっくり色を見ると、その色は沱茶のようであるが、沱茶よりあっさりしていて、エメラルドを茶碗に盛り付けているようである。 もし廬山の泉でお茶を入れば、もっと香りが濃く、おいしくなる。


味わいが独特な雲霧茶は廬山の涼しく、霧が多い気候及び日差しの短いなどの条件に恵まれるので、葉が厚く、うぶ毛が多く、香りが濃くておいしい上に、ビタミンなどの栄養素を含めている特徴を持っている。味が濃く、香りが豊かなばかりではなく、気持ちが良くなり、下痢を止め、消化に利き、毒を解き、腸胃の感染を防ぐなどの効果もある。


「廬山の雲霧茶、味が濃く、性が大胆、もし長く飲めば、壽を伸ばす法方である」朱徳氏は詩で廬山の雲霧茶を詠った。



廬山の石鶏


廬山の石鶏は蛙類の一つで、谷川の岩壁の穴に生長する。別名は赤蛙や棘脳蛙である。
体の色が褐色、前肢は短くて小さい一方で、後肢は長く、力が強い。その肉が柔らかく、鶏肉のようにおいしくて名づけられている。昼中、石窟に隠れ、夜にえさをあさりに行く石鶏の形は普通の蛙に似ているが、体つきは大きい。一般の重さが150、200グラムで、大きいのは約500グラムである。それに、肉が柔らかくておいしい。


廬山の石鶏は消化しやすいし、栄養も豊富だし、料理の佳品である。この故に、廬山でホテルやレストランに石鶏を材料として料理を作り、その中には「黄?石鶏」というのは廬山の名料理の一つである。



廬山の石魚


廬山の石魚は色が透明で、しかも鱗なし、身長が普通30~40ミリメートルほどで、7~8年生長しても、長さも一寸を超えなく、刺繍用の針の長さと同じぐらいであるが故に刺繍針と呼ばれている。またこの魚は廬山の泉と滝に長年生き、泉と滝が流れる岩の隙間に住んでいるから、石魚とも呼ばれている。


石魚は廬山で谷川の渓流に生長し、体が細長く、少し平べったい。柔らかくて美味しい肉で名が聞こえている。その魚は炒めても、煮込んでも良い。栄養も豊富で、特に、産婦に対し、非常に良い滋養品である。




廬山の石耳


廬山の石耳は黒木耳と同じ種類で、人がほとんど至らない断崖に生えている菌類植物である。形が平べったく、人の耳のようで、また岩に生えているから、石耳と呼ばれている。


石耳は栄養価値が高い。中に数多くの微量元素やビタミンなどを含め、栄養がたっぷりである。それに、滋養強壮、肺を潤す効果がある高蛋白の滋養品である。「石耳は廬山に多く、形が耳のようで、山の僧がそれを取り、干した後、遠方の友人を贈り、砂土を洗い尽くし、料理して食べると、木耳に増して佳品である。」


石耳はのぼせ、発熱などの病気をなくせる。また、血を吐くこと、小便が痛いこと、婦科病、下痢、毒蛇の噛んだ傷、火傷、また便秘にも効果がある。それに、血圧を抑える働きがあるから、観光客に大変人気を持っている。




廬山管理局監督センター:(0792) 8285760 廬山管理局、旅遊局:(0792) 8282998 廬山環境整冶事務室:(0792) 8281585
廬山公安局:110、(0792) 8282153 廬山物価局:12358、(0792) 8287906 廬山工商局:12315、(0792) 8281162

廬山金葉切符予約サービスセンター

電話番号:(0792)8285343、(0792)8289672

民航国際旅行者廬山事務所

電話番号:(0792)8289691